’94年私のオリーブ白書 | オリーブ少女と呼ばれて

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< オリーブ少女も恋をする | main | あれもこれも欲張り オリーブ少女のワンダーランド >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ’94年私のオリーブ白書
    0
       
      はじめまして。
      レモン糖の日々」というブログを運営している元オリーブ少女です。
      主催のおひとりKBKさんに誘っていただいて、
      オリーブ少女と呼ばれて」に参加させていただくことになりました。
      今日は私にとっての「オリーブといえばこの人」について、
      少しだけ思いを綴らせていただこうと思います。


      私にとってオリーブといえばこの二人、小沢健二さんと市川実日子ちゃん。

      大好きなオリーブで、大好きな小沢健二さんの連載
      ドゥーワチャライクが始まるのを知った時の気持ちを、今も覚えています。
      当時高校生だった私は、音楽に目覚め、
      後に“渋谷系”と呼ばれる音楽に夢中でした。
      共通の趣味を持つ友人と、小沢健二の連載が始まるネー!
      なんて喜び合ったっけ。
      1994年のあの夏の陽射しの残る廊下で、
      友達と笑い合った光景が今も目に浮かびます。

      olive2  
      ↑こちらが小沢健二さん連載スタート号
      (1994年9月18日号)

      その連載“ドゥーワチャライク”の中で一番好きな作品は
      連載第一回に掲載の「今後はホクロをラブリーと呼ぶ

      大学生になった時、某学習塾でバイトをしていたことがあるのですが、
      授業と全く関係ないのに、この柔軟でユーモアに富んだ作品を、
      受験勉強の息抜きにどうかと掲載ページをコピーして
      高校生の生徒に配ったことがあるくらい(!)大好きだったのです。
      ・・そうです、全くの趣味の押し売りです。。。

      後にこの作品をラジオ番組「オールナイトニッポン」の第二部で、
      小沢健二×スチャダラパーが観月ありささんをゲストに迎えて
      朗読するのですが、小沢君の声で読まれるこの作品たちが
      本当におもしろかった!
      今も録音したカセットは大事にとってあるはずで、
      CDにダビングして永久保存しておきたいくらい。

      そんなわけで小沢くんの連載が楽しみで毎号欠かさず買っていたのです。

      そしてもう一人、オリーブのミューズといえば私は市川実日子ちゃん。
      ルックスもさることながら、内面から醸し出ている文化的な雰囲気、
      強いまなざしの奥の優しい気持ち・・
      「モテ」を意識してないのにどこか女の子らしいe.t.c.....
      彼女の魅力は、オリーブに感じている魅力と
      通じるものがあるように思います。
      デビューから見守り続けて、今もまるで友達のような、
      自分の分身のようなそんな特別な存在の女の子。
      そんな風に彼女を見ているかつてのオリーブ少女は
      きっと私だけではないはず・・・

      そんな市川実日子ちゃんのオリーブデビューも1994年なのです!

      少し前に、テレビ番組「はなまるマーケット」に
      市川実日子ちゃんがゲストで出演された際に、お気に入りの一枚として
      1996年4月3日超特大号の表紙に使われた写真を
      紹介していらっしゃいました。
      実日子ちゃんファンなら、オリーブ少女なら、
      強烈な印象を持って覚えている表紙ではないでしょうか?
      私はこの写真をお気に入りにしている実日子ちゃんが
      やっぱり大好きだなあと、改めて思いました。

      olive  
      ↑実日子ちゃんお気に入りの写真が使用された号
      (1996年4月3日超特大号)

      あれから18年経ったんだな・・・

      あの1994年の、これから何だか素敵なことが始まるのかも・・
      そんなキラキラとしたときめきのつまったような素敵なイベント
      オリーブ少女と呼ばれて」に参加できることがとってもうれしいです。


      レモン糖の日々


      | オリーブと私 | 21:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:47 | - | - |
        コメント
        オリーブ少女のレモン糖の日々さん、
        トモシャガと申しします。
        今回オリーブ少女のイベント開催おめでとうございます。
        実日子さんをお見かけするようになったのは1994年頃、今ではローソンの宣伝で気だるくおにぎりをほうばる姿が印象的ですね。
        こちらトモシャガももレモン糖に入れる様に努力してる次第です。なかなか平凡な日々に感動しながらきらめきながら生きるのは難しそうですが、オリーブ少年、トモシャガもつい最近もレモンをつかんでマイルドな写真を撮りました。素敵な日々を後れる為のマイルドな第一歩です。さあオリーブ少年といきましょう!ロックンロール、森ガールズ、オリーブ少女達よ。We go mild!
        レモンか桃かそれが問題である。


        | Tomo Shaga | 2012/07/17 10:13 PM |
        トモさん!
        トモ・シャガー語録に慣れてない人から見たらイタズラ?って思われたりして(#^.^#)

        トモさんならではの、応援ありがとうございます!( ´ ▽ ` )ノ
        私のジュリーが書いてくださって感激(#^.^#)
        | レモン糖の日々 | 2012/07/17 10:44 PM |
        オリーブ少女様、
        オッス、俺ら悟空。間違えました。最近も小沢健二の話題で盛り上がっていますトモシャガです。
        僕はメールをしてる時もみんなの心をくすぐる様に書いてるのが大好きなんです。だから決してイタズラメールではありませんよ。
        オバケのQちゃんで言うならケロンパみたいな存在でしょうか、アンパンマンで言うなら、
        バタ子さんみたいな感じです。男なのか女なのかわからない感じ。
        小沢健二と言えば、俺らの友達の亀ちゃんさんがまさに可児市在住の小沢健二です。1993年頃当時小沢健二が流行っていた頃にはやっぱり彼もとても下手くそに歌っていました。あと彼はSMAPの草剪にも似てるので草剪が問題でテレビに出れない頃にはやっぱり代わりに僕が出ないとと完全な勘違いをしていました。最近彼が再就職して以来とは会えなくなりましたが、このメール見てたら連絡下さいね。可児市在住の小沢健二似の亀ちゃんさん。背中に○亀と書いてあったら彼のことです。
        良くメールを下さいと言われて、こんな感じで送るとぶっ飛んでますねと言われてそれ以降返事が来ない時があります。でも心配しないで。
        俺らは怪しい者じゃないよ。
        森ガールズやオリーブ少女達が血眼になって、あなたの消息を探しています。
        それでは来週もオリーブ少年トモシャガは頑張ります。肉食系の森ガールズ盛り上がって、焼肉もりもり、恋多きオリーブ少女達よ、俺らのライブ見に出て恋やーっ!明日が待ちきれない。
        ごきげんよう!!
        | Tomo Shaga | 2012/07/20 7:13 PM |
        こんにちは!
        大丈夫です( ´ ▽ ` )ノ

        亀さん連絡があると良いですね…

        オリーブ展、関西のお友達によろしくです!
        | レモン糖の日々 | 2012/07/23 1:51 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oldolivegirls.jugem.jp/trackback/7
        トラックバック